<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

衝撃の事実

0
    130814_101020.jpg


    家持くん左ハンドル


    五郎丸 圭子 * 40th「見果てぬ夢」2013.7 * 11:38 * comments(3) * trackbacks(0)

    歴史探訪(美濃・郡上八幡編)

    0

      みなさんこんにちは。夏バテ気味の森山です。
      第40回記念公演も無事終了し、劇団員は皆、次にむけてリフレッシュしていると思います。

      今回は岐阜県の郡上八幡城に行ってまいりました。
      郡上八幡城は戦国時代の永禄2年(1559年)、遠藤盛数が砦を築き、
      稲葉貞通、遠藤慶隆の興亡を経て拡張されていきました。




      観光バスがたくさん停車してるところに来ると・・・
      城が山の上に小さく見えてまいりました。かなり険しい道のりです。
      車では一方通行の山道で登っていくしかありません。道が狭いので
      小型車の方がいいと思います。




      かなり大規模な石垣・城郭です。こんな山の上に建築は大変だったでしょうね。
      天守閣は大垣城を参考に昭和8年、模擬天守としては全国的にも珍しい木造で造
      られました。




      歩道は整備されているのですが、高低差があり険しいですね。




      天守からの眺め。郡上街道、飛騨街道、越前街道を見渡せ、城下の動きもよくわかります。
      これが山城の利点の一つでしょうね。




      城下町は古い町並みが残り、風情ある旅館、土産店などが軒を並べています。
      観光客も多く、人力車や観光ガイドもいらっしゃいました。
      まさにこの季節、日本三大盆踊り・郡上おどりが開催され、盛上りそうです。
      また来たくなりますね!


      森山 一典 * 40th「見果てぬ夢」2013.7 * 00:13 * comments(0) * trackbacks(0)

      no title

      0


        本日の北日本新聞に『見果てぬ夢』の記事が載ってました(*^^*)

        風立ちぬの広告の真上だったので、分かりやすいですよー(笑)(^-^ゞ
        門口 栄治 * 40th「見果てぬ夢」2013.7 * 10:16 * comments(0) * trackbacks(0)

        カウント-1 現実に帰郷

        0
          第40回公演『見果てぬ夢』にご来場いただきありがとうございました

          そして全面協力していただいたホールスタッフのみなさん、本番当日に駆けつけサポートしてくれた劇団員のみんな、ほんとに、ありがとうございました。

          そして、こんな未熟な演出に付き合ってくれた劇団のみんなに感謝m(__)m

          この『見果てぬ夢』を通してまたひとつ劇団が成長させていただけとおもいます

          後悔が0%とは言い難いのも、やりきったからこそ見えてくるものもありました

          今後の課題として克服していきたいとおもいます

          なにはともあれ「楽しかったです!!」

          産みのくるしみ?(笑)
          産んじやうとすぐ忘れてしまうんですよねー
          (笑)(母親なら経験してます(笑))


          また次のお芝居楽しみたいです(^_^)

          南本 清美 * 40th「見果てぬ夢」2013.7 * 13:39 * comments(0) * trackbacks(0)

          カウント 1!!

          0


            西岡役の竹端です。

            いよいよ明日、本番です。
            昨日の夕方、舞台セットの搬入、立て込みをしました。

            いや、自分は搬入には間に合わなかったんですが・・・。

            舞台セット、照明と音響の仕込みが終わればゲネ、微調整そして直ぐに本番です。
             
            いつもの事ですが、皆仕事や家庭を持ちながら、半年かけて少しずつ作り上げて来た芝居です。

            本番までの時間は残り少ないですが、半年を振り返りつつ、よい作品になるよう、お客様に楽しんで頂けるよう、頑張りましょう!
             
            写真はセット後ろの通路です。




            竹端 ゆうじ * 40th「見果てぬ夢」2013.7 * 20:55 * comments(0) * trackbacks(0)
            このページの先頭へ