余談です。島田彦太郎

最近、感じたこと。

自分が口頭で伝えることが苦手で、言葉が足りなかったり、言葉の選択を間違えたりして後悔することが多く、だから言葉を借りて、人と「なり」を借りて自分の表現の仕方で伝えることで、自分の言葉となり、内面を表に出すことができるのが芝居にハマった理由かな、と改めて考えたタイミングがあって。
経験とか主義主張が反映されて、実は自分が話す言葉よりも丸裸にされるのが快感なのかもしれないけど(笑)

所詮は趣味だけれども。
でも、好きでやってるんなら全力で遊ぼうよ、どうせなら。
中途半端で手放しても楽しくなかったって思うだけだろうし。

続けてみたら見えてくるものもあると思う。
きっかけは何にしろ、心震わせる何かを感じたり、自分の変化に期待するものがあったんだろうから。


失礼しました閑話休題、今回も○若男女、愉快なキャスト、スタッフが揃っております。とことん苦しんで、とことん楽しみます!

スポンサーサイト

コメント

げげっ、フルネームが付け足されてる…

  • 本人
  • 2017/11/13 03:01
トラックバック
この記事のトラックバックURL